チェントクオーレ ハリマ ~ 想いを一つに~

チェントクオーレハリマを観ていきます

2024 関西リーグ第三節 vs 守山侍2000

天皇杯兵庫代表ファイナル4での完敗→前節の何とも言い難い引き分け。

 

守山侍2000は、リーグ屈指の攻撃力を誇る相手だが、ホーム日岡山開幕戦だけに、結果もだが姿勢や気持ちを観客に伝わる事も求められる。

 

3-5-2の基本システムは変わらず。

押し込まれてる訳ではないが、攻め手決め手を発揮出来る場面までに中々辿り着けない。

守山のマイボールにしてからの、両ワイドからのスピードを活かした攻撃を何度か受けるも、未然に防御。

前半も終盤に差し掛かり、徐々に前目で展開とボール奪取が出来てきた中、遅延行為から得たPAすぐ外のFKを田口が蹴り、相手GKが弾き混戦下、大河が押し込み先制。

 

入り方もその後も固さが見られ、閉塞感を何とかしておきたい状況やったんで、良かったよね。

会場も一気に熱を帯びたし。

後半は固さの取れたマイケルの前からのプレスが効果を出し始め、ポストプレーを得意とする祥史とトップ下の田口が活き活きしてくる。

大河&花井のボランチが中盤を支配する中、マイケルの守備で奪取→大河→衛藤→祥史→マイケル→田口と繋いでゴール。

流れの中で取れた華麗な得点劇に一気に沸き立つ日岡山。

 

3点目は中盤でチームを指揮していた花井の右サイドへのロングフィードを、衛藤が右脚一閃のボレーシュートをネットに突き刺した。

ホーム側ゴール裏間際なのもあり、サポーターの元に流れ込むプレイヤー達。

ムサシの社長の提案を聞いて、サポーターと喜びを分かち合う行動は、良かったよ。

ロスタイムに1点返されたが、3-1で勝利。

 

今年も「朝市」コラボでの試合開催。

 

クラブ&スポンサー&サポーターが事前に打ち合わせや準備を懸命に取り組んだ事が、皆が笑顔になれた内容と結果に繋がったのは、一旦に関わった者として、嬉しいよね。

 

様々なイベントやグッズ販売等の動きが、次に繋がる枝葉になっているのを、身をもって感じられてる。

 

チェントクオーレハリマだから、関西リーグだか

ら出来る温かい空気感。

大事にしていきたいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024 関西サッカーリーグ第ニ節 vs 飛鳥FC

夏日近くの奈良県田原本町

相手は飛鳥FC。

甲南大学戦の逼塞した攻守の切り替えから、どう改善出来たか?。

 

チェントのシステムは、3-5-2。

やはりこの陣形やと、田口の良さがより引き出され、幾度とチャンスを作る。

大河がパスカットからPA内に侵入してのシュート、CKからのマイケルのヘディングシュートなどがあったが、押してる割には打たないor打たせて貰えない。

後半は途中から選手交代とシステムチェンジをしたが、やはりシュートに繋がらない。

 

開幕戦の結果もあり、しっかり守備から構築してきた飛鳥を崩せずに、スコアレスドローで終了した。

 

まあ優勢に進めていたが、引き分けが妥当だっただろう。

誰かが手を抜いたり、戦術理解にバラつきがあった訳でもないしね。

何かが悪かった訳じゃないから、何とも言い難い。

 

連休を経て、日岡山開幕まで錬成期間がタップリある。

どう使って結果に繋げれるか?。ですね。

 

見学に幕干し

先日の試合が開けて、23日(火)。

日岡山グラウンドでの練習を、◯事の合間に見学。

監督や日比野コーチ等の指導下、3グルーブに分かれて練習。

明るく、真面目に取り組んでたね。

 

で、試合当日から週の真ん中まで悪天候が続き、中々横断幕が干せず・・・。

我が家の掘り込み車庫をフルに使い、6回に分けて乾燥作業。

 

そんなこんなで何とか本日の飛鳥戦を迎えました。

(おそらく)快晴の下、チェントクオーレハリマに関わる皆々様の気持ちを、陰干ししか出来なかった幕を含めて、晴々とする為、謙虚に熱く頑張りましょう♪。

2024 チェントクオーレハリマ 天皇杯ファイナル4 vs 甲南大学

0-2。

攻守の切り替えが遅いのに、最終ラインからのフィードを多様した事により、中盤とサイドの優位性が乏しくなったかな。

雨が降り続くコンディションでの戦いは難しかっただろうが、それにしても最後まで相手を追い詰める場面は殆ど無かった。

昔っから悪天候は苦手なチームだが、面子も変わりより約束事を綿密に実行出来るスキルがあるだけに、残念な結果になってしまった。

 

マイケルや竹田など、途中投入の選手達の奮闘は見れたから、ビハインドや悪天候といった状況でどうチームとして流れを引き戻すか?。

 

リーグ戦としては、申し分無い良いスタートを切っただけに、切り替えて関西社会人の戦いで真価を発揮出来るか。

 

しっかり前を向いて、皆で歩もう。

2024 チェントクオーレハリマ 開幕節 vs FC BASARA HYOGO

皆様、あけましておめでとうございます🌅。

関西リーグ開幕を迎え、私達はいつもの『レストラン慶野』さんで、昼食を。

私は魚フライ定食を。

新鮮な刺身でも食べれる鰤、鯛、鱸、鰈のフライは、美味過ぎるんですよ。

仲間達は、この時期には欠かせない鰆丼を食べてました。

 

で、現地アスパ五色へ。

開幕の相手は、BASARAHYOGO。

昨年は一分け一敗で、自滅して何も出来なかった試合をしてしまった、苦い思い出しかない。

さあ、新生チェントが雪辱と門出を飾れるか。

3-5-2のスタ面子は、

GK:石原

DF:鵜飼、唯人、小松

MF:大河、花井、(右)衛藤、(左)ふっしー、田口

FW:マイケル、祥史

好調を保っている唯人とマイケルが先発。

 

試合を通して、大河で刈り取り、セカンドボールを保持。合わせて花井のパスで機先を制し、田口の位置取りの巧みさで中盤を支配。

前からの守備がハマり、FW2人のポストプレーからのサイドへのはたきも有る事から、相手が中々両翼を使っての攻守に繋げられなくなっていた。3-0になってから、守備的になった事で、些か攻勢を許したが、体を張りシュートを撃たさなかった。

 

先制点の鵜飼のロングスローからのこぼれ玉を、花井の決めて当然感なゴラッソ。

2点目の中盤での奪取から田口→マイケルが右サイドにはたき、衛藤のピンポイントクロス→田口のヘディングゴール。

流れを掴み、チームのストロングポイントをフルに活かしきった場面だろう。

 

今日のMVPは、大河。

90分役割を完遂出来る体力と思考力。

「残念、そこは吉田大河だ」状態な彼の縦横無尽な活躍は、今年のハリマには欠かせない。

 

見事な勝利。チェントクオーレハリマに関わる皆様、しっかり喜んで明るく週末を彩よく過ごしましょう。

 

 

 

 

2024年 KSL 開幕前夜

明日ですね。

3rdユニが発表されたり、既に居てた康起甫の加入が正式発表されたり、自作カホンワークショップが開かれたり、シーズン開幕に向けて様々な事がありました。

 

 

私もチーム幕を新調したり、個人幕を作ったりと。

曲線だらけは、マスキングテープ職人(自称)の真価が問われます。

 

選手個人チャントも新たに作ったり等々、開幕戦迄の独特の高揚感を楽しんでたら、もう明日です。

 

ハリマに関わる皆様、ライバルクラブ&サポーターの方々、今年も宜しくお願いします🙇。

 

TM vs 福井ユナイテッド at 三木防陸上

北信越の王者、福井ユナイテッドを迎えてのTM,。

雨と冷気が立ち込める環境下、90分間互いの色がはっきり感じられました。

昨年の天皇杯本戦1回戦もでしたが、細かく繋ぎ丁寧に攻守を纏める福井と、3-5-1-1とも3-6-1でもあるシステムで、ワイドの堅実さと中盤の献身性で主導権を握っていくハリマ。

攻撃に移行したら、シュートまで到ったハリマが、3-2で勝ちました。

 

スコアは、田口・衛藤(orマイケル)・マイケルでした。

まあ内容も結果も宜しかったんやないかと。

 

福井ユナイテッドの皆様、御足労様でした。